宮城県塩竃市の電気のお困りごと・エアコン・給湯器・暖房・水回り・
エコキュートは「みんなの設備屋さん」にすべてお任せください

2023/02/17

エアコン・エコキュートの補助金制度で最大16万円!東北電力のエコ替えキャンペーンで上手に節電しましょう

18

75390

皆さんこんにちは。
宮城県塩竈市を拠点に、エアコンやガス給湯器の販売・取付工事を行っている株式会社菜花空調です。

電気料金やガス料金が高騰している昨今、より省エネ性能の高いエアコンやエコキュートの設置を検討している方も多いでしょう。しかし、新たな設備の導入にはまとまったお金がかかるため、捻出に苦労することもあると思われます。

そこで、東北電力エリアにお住まいの方にぜひおすすめしたいのが、東北電力の「エコ替えキャンペーン」を利用して補助金を受け取り、お得に設備を購入する方法です。ここではエコ替えキャンペーンの内容や、申請時の注意点をご紹介します。

■補助金がもらえる東北電力エコ替えキャンペーンとは?

エコ替えキャンペーンは、東北電力が実施している補助金キャンペーンです。深夜機器割引の終了や電気料金の値上げにより、契約者の負担増が見込まれることから、その軽減を目的としています。2022年10月1日にスタートし、2023年1月10日からは特典や対象者が拡大・拡充され、期間も2024年3月31日までに延長されました。

エコ替えキャンペーンの主な内容は、エコキュートや東北電力推薦の暖房エアコンを購入・設置すると、補助金が受け取れるというものです。補助金額はエコキュートが3万円、暖房エアコンが4万円などとなっていて、セット購入により最大16万円の補助金を受け取ることができます。

東北電力の試算によると、古い電気温水器や暖房器を最新のエコキュートやエアコンに変更すれば、毎月の電気料金を約3,500円~1万5,000円も節約可能です。さらにエコ替えキャンペーンを利用して補助金を受け取れば、設備の購入・設置費用も抑えることができます。大変お得なキャンペーンといえるでしょう。



■エコ替えキャンペーンは条件が緩和されてパワーアップしました!


エコ替えキャンペーンは当初の予定よりも期間が延長されたのに加え、2023年1月10日以降は利用の条件が緩和され、特典や対象者が大幅に拡大・拡充されました。以前は対象外だったという方も、ハードルが下がって利用できるようになっている可能性があるため、申請するなら今がチャンスです。何がどのように緩和されたのかを確認しておきましょう。


・導入基準の緩和


給湯器を導入する場合、以前は電気温水器からエコキュートへの買い替えが必須でした。緩和後は、元の設備が何だったのかに関係なく、エコキュートを購入・設置したすべての方が補助対象となります。給湯器がないご家庭にエコキュートを新規設置した場合や、古いエコキュートを最新型に買い替えた場合でもOKです。補助金額は、単体購入の場合で3万円です。

また、エアコンを導入する場合、以前は蓄熱式電気暖房器から暖房エアコンへの買い替えが必須でした。しかしこちらも、緩和後は元の設備が何だったのかを問われなくなり、東北電力が推奨する暖房エアコンの購入・設置であればすべて補助対象になります。補助金額は、単体購入の場合で4万円です。


・対象者の緩和


以前は既築住宅に設備を設置する場合のみが対象で、新築・建て替えの際にエコキュートやエアコンを設置する場合は対象外でした。しかし、ルールの変更後は、新築・建て替え時の設置に関しても対象に含まれるようになったのです。

新築・建て替えの際には多くの設備を設置しますから、エコ替えキャンペーンのセット購入を大いに活用できます。たとえば、新築でエコキュート+エアコン3台を設置・申請した場合は、16万円も補助金を受取可能です。

また、今回の緩和前に一部の条件が合わず申請ができなかった方も、期間内であれば過去に遡って申請が可能となりました。つまり、キャンペーンが始まった2022年10月1日から、条件緩和前の2023年1月9日までに設備を設置した方は、緩和後の条件を満たしているなら補助金を受け取れる可能性があります。改めて確認してみてください。

まとめると、「とにかく指定された設備を購入・設置すれば補助金が受け取れる」ということです。これほどハードルが低い補助金制度は少ないため、ぜひ活用して最新のエアコンやエコキュートを設置するといいでしょう。



■エコ替えキャンペーンの応募条件

エコ替えキャンペーンは、東北6県および新潟県にお住まいで、東北電力と電気の供給契約をしている方が対象です。ただし、離島等供給約款の対象となる佐渡島・粟島、飛島(山形県)在住の方は対象外になります。また、特定の電気料金プランに加入している必要もありますが、これについては後述します。

キャンペーンの期間は、2022年10月1日~2024年3月31日です。本キャンペーンにエントリーした販売店を通じて、期間内に機器の成約を済ませ、2024年4月30日17時までに申請すると補助金を受け取ることができます。期間が大幅に延長されたので、一度キャンペーンの利用を見送っていた方も、改めて検討してみるといいでしょう。

なお、応募は1契約につき1回までです。複数のコースに応募することも可能ですが、すべての機器の設置等が完了した後にまとめて応募する必要があります。

キャンペーンの概要はこちらをご覧ください。

■エコ替えキャンペーン申請時の【注意点3選】

エコ替えキャンペーンは非常にハードルが低く、利用しやすいのが魅力です。ただし、申請時にはいくつか注意しなければならないこともあります。主な注意点を確認しておきましょう。


・【注意点.1】エアコンの機種は対象になっているものを選ぶ


エアコンを設置する場合、機種は何でもいいわけではなく、東北電力が推奨する暖房エアコンを選ぶ必要があります。とはいえ、パナソニック・三菱・日立・東芝・ダイキン・シャープといった有名メーカーはいずれも対象なので、選択肢に困ることはまずありません。

また、厳しい寒さの東北地域でも十分な暖房効果が得られる、寒冷地仕様のエアコンも対象機種に選ばれています。お住まいの地域の気候やご自宅の構造などを考慮し、最適な機種を選ぶといいでしょう。





・【注意点.2】東北電力の対象料金プランに加入しておく


補助金を受け取るためには、キャンペーン申請時点で東北電力が定める料金プランに加入している必要があります。基本的に、夜間単価を設定している料金プランが対象です。

今現在東北電力との契約がない場合でも、申請までに加入していれば応募可能ですが、料金プランの選定や手続きに時間がかかる可能性もあります。補助金を受け取って機器を導入することがすでに決まっているのであれば、早めに対象プランに加入しておきましょう。

対象プランの詳細については以下をご覧ください。



・【注意点.3】業者選定はしっかりと行う


忘れてはならないのが、工事を依頼する業者をよく考えて選ぶということです。補助金が下りたとしても、他より高い業者に工事を依頼してしまえば、あまり意味がありません。かといって、ただ安いだけの業者を選ぶと、手抜き工事などのトラブルが生じるおそれがあります。

そのため工事を依頼する際は、少なくとも2~3社に見積もりを依頼して相見積もりを行い、その中から優良な業者を選ぶことが大切です。せっかくの補助金を最大限に活用するためにも、施工業者の選定はしっかりと行いましょう。


宮城県塩竈市の菜花空調は、ガス・石油設備、空調設備、水回り設備の専門工事業者です。宮城県のあらゆるエリアの工事を手掛け、誠実な対応と確かな技術力で地域の皆様からの信頼を獲得してきました。

東北電力 エコ替えキャンペーンの登録事業者にもなっており、ご自宅の環境やお客様のご要望に応じた最適な設備をご提案可能です。キャンペーンを利用して設備を設置したい方や、設備に関する疑問・お悩みがある方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらのページへ
https://minnano-setsubi.com/estimate/